TOP > iPhoneの画面上にホームボタンを出して使う方法

iPhoneの画面上にホームボタンを出して使う方法

アプリを使い終わったときにホーム画面に移動したり、使用中のアプリを終了するときなど、iPhoneのホームボタンは基本操作においてとても重要な役割を果たしています。iPhoneではこのホームボタンを画面上に表示させて、実際のホームボタンと同じ操作に使うことができる機能が備わっています。

iPhone7情報を参考にしましょう。

iPhoneの画面上にホームボタンを表示させて使う機能が最も役に立つのは、ホームボタンが故障してしまったときです。

ホームボタンは、使用頻度がとても高いため、長年iPhoneを使い続けると、最初に故障しやすいパーツです。

ホームボタンが故障してしまうと、iPhoneの操作に支障が出てしまうため、画面上にホームボタンを出す方法を知っておくと、いざというときに役に立ちます。



また、ホームボタンを使う頻度がとても高い人は、故障してしまうのを未然に防ぐために画面上に出す方法を知っておけば、ホームボタンに過剰な負荷をかけるのを避けることができ、長持ちさせることができます。



実際の使用方法はとても簡単で、まず設定アプリを開き、一般の中のアクセシビリティを選びます。

メニューを下の方にスクロールさせるとAssistiveTouchという項目がありますので、それをオンにすると画面上に白っぽい丸い表示が現れます。

この丸い表示がメニューになっていますので、タップで選択すると通知センターやSiriなどと一緒にホームという項目があります。

この丸いホームという部分をタップすると、実際のホームボタンと同じように機能します。